保育士の仕事といえば?

保育士といえば、保育園が浮かびますが、他にも勤務先はあります。自治体が運営している、児童厚生施設や乳児院、児童家庭支援センターなどの児童福祉施設です。また、自治体以外にも、保育事業に関わっている企業や、自社の社員用に託児所などを設けている企業でも保育士の募集があります。つまり、子供たちと関わる仕事には保育士の需要が高まっています。働く場所はいくつもあるため、自分がどのように子供たちと接していきたいかイメージするといいでしょう。

保育士として働くには?

では、実際に保育士になるのにはどのようにすればいいのでしょうか。まず、保育士の資格が必要です。保育士の資格は国家資格です。取得するには大学や専門学校などの保育士課程を修了するか、保育士試験に合格しなければなりません。資格取得後、私立の保育園や民間企業で働きたい場合は、保育園ごと、企業ごとの採用試験に合格すれば、保育士として働くことができます。しかし、公立の保育園や施設で働くには、公務員保育士になる必要があります。公務員保育士になるには希望する自治体の保育士採用試験に合格しなければなりません。しかし、保育士採用試験に合格しても必ず公務員保育士になれるとは限りません。保育園や施設で採用されて初めて公務員保育士になるのです。そのため、公務員保育士の方が、私立保育園や民間企業で採用されるよりハードルが高くなる場合があります。その分、公務員であることから福利厚生で優遇されやすいメリットがあります。

保育士の求人なら神奈川の周辺で探すことで、一人ひとりのスタッフが働きやすい環境が提供されている職場を見つけられます。