保育士として働くなら国家資格取得が不可欠

保育士になるには国家資格を取得しなければなりません。その方法は大きく分けて二つあります。まずは保育士資格試験を受けて合格する方法。もう一つは、保育士養成課程のある学校を卒業する方法です。この記事では既に四年制大学を卒業済み、もしくは二年以上在籍し一定の単位を取得しているなどの条件を満たしている方向けに、保育士資格試験対策について詳しく説明しています。

保育士資格試験の合格を目指すなら

独学、教室等に通う、通信講座の利用といった具合に、さまざまな勉強方法から自分に合ったものを選べるのがこちらの資格取得方法の特徴です。しかし保育士資格試験の受験科目は十科目に及び、合格率は毎年一割程度。簡単な試験ではないので、いずれの勉強法を選ぶにせよしっかりと対策を練る必要があります。

もっとも費用を抑えた勉強法は参考書等を購入しての独学になります。その一方、試験で出やすいポイントを教えてもらうということはできないため、事前の情報収集が欠かせません。自分が学びやすい参考書を選ぶなどの工夫も必要です。

教室等に通えば、直接講師から試験対策の指導が受けられます。費用や時間の調整が付くのであればこの方法もおすすめです。

通信講座は前に挙げた二つの方法の中間に位置すると考えてください。基本は自分で学びつつも、疑問が生じた場合にはネットや書面を通じて確認することができます。働きながら等、教室に通うのは難しいという場合にはこの方法を選ぶのも良いのではないでしょうか。

メリットデメリットを把握して、自分に合った勉強方法を選んでみてくださいね。

保育士の求人を大阪で探す時には、休日の日数や福利厚生の充実度などに目を向けることが重要なポイントです。