何はともあれ英語を学ぶべし

外資系の会社であっても、日本法人がある場合であればそこまで英語を強要されない会社もあります。ただ、外資系に転職される方や就職を考えられている方は、それ以上のキャリアアップを望まれている方が多いはずです。もし、そうであるならば、本社とのやり取りや他国の異動も考えられるため、英語能力は必須です。ここでの英語能力ですが、必要なものは証明です。海外でMBAを取得していたり、海外の大学を卒業をしたという証明があれば大変強みになります。そうでなかったとしても、TOEICのスコアなどの、英語能力試験での点数が大切になってきます。独学で英語を覚えネイティブのようにペラペラであったとしても、証明がなければ英語能力を担保できないのが現状です。

実際にあなたが何をできるのか

外資系の企業では、学歴よりも職歴が重視される傾向にあります。国内ではどこの大学を卒業しているかということが大切になってきますが、外資の場合、どのような仕事を今まで行い、そして現在どのようなスキルを持ち合わせているのかが非常に重要です。外資系企業全体的に、社員を教育するというよりは、よりスキルの高い社員をどのように採用してくるのかということに重点を置いています。したがって、アピールできる職歴やスキルを増やす必要があります。

実力だけがものを言う

年功序列制度ではなく、能力給が原則です。日本の企業も最近では、能力給を採用している会社もありますが、外資の場合、インセンティブが大変多い反面、雇用の打ち切りや減給もよくあります。その厳しさを踏まえた上で、高給を目指して働ける環境です。

英語の転職は、日本に限らず世界中で働くチャンスがあります。グローバル化を目指す企業が増え、インターネットを通じて仕事ができる今の時代、英語力があると転職の幅も広がります。