第一は保育園のサービスです!

子育てと仕事を両立するには様々な形のサポートが必要で、その役割は基本的には行政が担っています。その中でも一番のサポートは保育園です。保育園のサービスを利用すると朝から夕方まで子供を見てもらえるので、安心して任せる事が可能です。行政によっては日曜日も保育サービスを提供している場合もあります。サービス代金ですが、月に2万円から3万円程度という民間のサービスと比べると、リーズナブルな価格設定となっていますよ。

病気になっても病児後保育があるので安心。

しかし保育園のサービスだと病気の時にはサポートを受ける事ができません。その理由ですが、通常の保育園には看護師が配属されていないからです。そのような場合に力になるのが、小児科が設置している病児後保育です。こちらであれば看護師だけでなく、小児科医師も常勤しているので病気になっても安心して依頼する事が可能です。保育料ですが、行政の補助金が投入されているので、1日2000円程度で済む場合がほとんどですよ。

医療費も安心ですよ!

赤ちゃんや保育園児は発熱しやすく、どうしても小児科に通院する回数が増えてしまいます。そのため通常の健康保険だけだとかなりの出費を覚悟しなければいけないです。そのような経済的な負担を軽減するために、保険適用分の医療費は、行政が負担するシステムが導入されています。県外の病院でも利用できるので、旅行先などで急な病気や怪我をした場合でも安心です。入院になっても使えるので、高額な請求はまずないので安心ですよ。

シングルマザーの仕事を探すにあたり、長く勤務を続けるために、勤務時間や休暇の取得方法などにこだわることが大切です。